スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.114
グラフのポイントを矢印で示す #014
企画書中にグラフを採用するとき、適切なグラフの選択と同時に必要なことは、そのデータの何を見せたいのかという点です。そしてそれはたった1点に絞って、何らかの形でそれを指し示します(これを「1つのポイントの原則」といいます)。この企画書では、それを矢印で示し、矢印の先にはその説明を提示してあります。中心になるのが矢印なので、そこだけ色を変えて強調してあります。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 08:02 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.113
システムを中心に見せる企画書 #013
集合飲食街の企画で、どのようにテナントを集め、採算に合うシステムにするかを左上のイラストで見せています。「左ビジュアルの法則」と「逆L字フロー」の組み合わせです。システム図を見せるのが企画の主目的の場合、このようにイラストを中心にして、その周囲で説明を行うという見せ方がふさわしいでしょう。見やすさの秘訣は、単色の濃淡で作られている点にあります。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:13 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.112
必要なことのみを提示した企画書 #012
企画の内容を示し、それを企画することで得られる効果を提示し、それにはいくら必要かと最後に数値で示すという見せ方をした企画書です。左側はこの企画のコンセプトで「倍々ゲーム」をもじった「倍BUY」というコンセプトワードを提示しています。この企画書には前提になる条件は省かれていますが、何度も会議にかけられ議論が尽くされたときには、こうした形で提案されます。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:12 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.111
予算と計画を同時に見せる方法 #011
この企画書の下半分は企画の計画とそれに必要な予算を同時に見せています。つまり「左から右へと計画を進めていくと、これだけの予算が必要となります」という見せ方になっています。最後に総予算を最下段で示しています。旅行の企画なので、背景には7人の男女が旅を楽しんでいる写真をイメージ的に用いてあります。写真も内容も、上下で別の内容になっている点に注目してください。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:10 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.110
「Z型フロー」で展開する企画書 #010
新型カメラの特長が4つあり、それぞれをイラストで説明した企画書です。4つは並列ではなく、順序で説明したほうがいいときには、このようにZ型に展開する「Z型フロー」を用いるといいでしょう。イラストを描くというと敷居は高いのですが、このように基本図形だけを用いるだけでイメージを伝えることはできます。プロが描いても素人が描いてもそう違いはありません。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:09 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.109


時計回りに展開する企画書 #009
見せ方は異なりますが、どちらの企画書も内容は同じで、しかも「1」から「4」まで同じように時計回りに見せるという構成になっています。システムの流れを見せるものなので、矢印を使うだけで展開を指示することはできますが、このように四角形で囲って番号で見る順番を表示するとなお親切です。どちらの企画書も無駄な説明はいっさい省いて、2色によるシンプルな見せ方になっています。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:08 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.108




写真を使ったビジュアル表現 #008
映画「ローマの休日」に登場したような小型カメラの企画なので、背景にトレビの泉の写真を用いました。こうした表現方法にはいろんな形が考えられますが、代表的なものがこの3つの例です。どれも内容にはほとんど変わりはありません。基調色に用いたオレンジ色は、写真の右側の背景に写っている建物の色からもってきました。アイデアの提案を行うことを目的とした企画書です。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:06 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.107
立体的に見せる表現法 #007
図形をうまく使うことによって企画書を立体的に見せることができます。こうした表現法は、誌面をダイナミックに見せるという効果があります。「この商品を市場に投入することによって、爆発的なヒットが見込まれます」という提案はよく行われるはずです。そのとき、中央にくる商品にはイラストをもってくるといっそう効果的です。シンメトリックである点にも注目してください。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:04 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.106
シンメトリーを徹底した企画書 #006
この企画書の大きな特徴は、シンメトリーに徹底的にこだわった点にあります。どこからどこまでも左右対称で、中央のコンセプトの提示でも左右に「CONCEPT」と入れてあります。下の中央のイラストもイメージというより、中央揃えを徹底させるという意味があります。シンメトリックな企画書は、正統、格式、優美といった隠れた意味を提示するときに使うといいでしょう。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:03 | - | - |
| - | pookmark |

A4・1枚企画書No.105
洗練されたコンセプトの見せ方 #005
ただコンセプトワードを見せるだけでなく、英文表記をバックに敷くという方法があります。こうするとその部分を目立たせることができだけでなく、洗練された印象を与えることもできます。色遣いの秘訣は、同系色の濃淡を使ってさりげなく見せる点にあります。これは見てもらうためのものというより、全体のイメージを良くし、シンパシーをもってもらうための技巧です。

※この「1枚企画書」作成についての詳しい説明は、以下のサイトでご覧いただくことができます。

●ソフトバンク ビジネス+IT
 社内で導入するための実践「1枚企画書」講座
| 09:01 | - | - |
| - | pookmark |




qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Link